作業療法とは?

作業療法とは簡単に説明すると、現在より生活しやすくなるために「からだ」と「心」の両方を遊びや作業活動を通して元気にすること、少しでも健やかな状態にすることです。


最近作業療法士はとても身近に感じられるようになりました。

国の方針もあり、

◇教育的視点

(発達段階や発達特性に応じ、配慮が必要な視点を含む)


◇福祉領域からの視点

(保育現場や支援センター等で介助が必要な子どもの療育に関わる)


これら2つの視点から、病院や学校、放課後デイサービス、幼稚園、児童発達支援センター等の各現場で作業療法士が働くことになりました。